• 株式会社鈴木組

2019年度大林組 スーパー職長・スーパーオペレータ認定式【2019年4月17日】

2019年4月17日(水) 大林組 本社 3階講堂において、

2019年度大林組スーパー職長・スーパーオペレーターの認定式が行なわれました。

建設業で働く労働者の賃金向上及び労働者の目標になる者を認定する為に

2011年に設定したスーパー職長の制度ですが、2016年度からはジュニア(40歳未満)、

クレーンオペレーターの認定も行うようになり、

今年度はスーパー職長(ジュニア含む)423人・オペレーター33人 合計456人となりました。

若手育成に力を入れ、若手がスーパー職長の背中を追いかけるような人材育成をし、

今後も現場の要となり、活躍されることを望みます。

【株式会社大林組代表取締役社長 蓮輪賢治 様ご挨拶の一部】

 

㈱鈴木組 では、宮本洋石氏(M)・宮本祐治氏(R)の2名が新たに認定され、認定証を授与されました。

2019年度は鈴木グループ認定者は 当社8名(『マイスター』3名・『レギュラー』 4名・『ジュニア』 1名)

協力会社5名(『レギュラー』3名・『ジュニア』 2名) 計13名が認定されました。