03-3822-1785

工事部担当メッセージ|株式会社鈴木組が運営する建築施工系とび科の企業内訓練校 東京都知事認定 鈴木職業訓練校

message

メッセージ

工事部担当メッセージ

Y・T

工事部

開校25年…皆さんがこの世に生を受ける前から、鈴木職業訓練校は発足しました。 両親から離れての寮生活に不安を抱く方もいることと思いますが、沢山の先輩方が います。不安なことや悩み事などは、先輩方が親身になって聞いてくれるはずです。なぜなら、その先輩方も、皆さんと同じ道のりを歩んでいるからです。 初めて社会に出る人で、不安を抱かない人は、ほとんど居ないと思います。 時代に合わせ、寮もメンテナンスを繰り返し、Wi-Fiも完備され寮生が充実した寮生活を送れるように配慮をしています。

そして皆さんが飛び込もうとしている建設業界ですが、2020年東京オリンピック後も大きな再開発プロジェクトやマンション等の建設工事が明るみになり、当社の仕事量も安定した状態を保てる見込みとなっております。

その建設工事現場で『現場の華』と言われるのが鳶工です。 『高所を華麗に動き回る』 『梁から梁へと飛び回る』 などという理由から『現場の華』と称されるようになったと言われています。 確かに鉄骨梁上を安全帯のロープ1本を頼りに渡り歩く姿は 私が見ていても、かっこよく勇ましいと思えます。

皆さんの中には『安全第一』という言葉を耳にしたことがある方もいると思いますが 『華麗さ』『かっこ良さ』の根本になっているのは、若いうちから地道に努力ししっかりと基礎を学んでいるからこそ出来ることなのです。
その第一歩を『鈴木職業訓練校』で身に着け『トビから鷹へ』育ってください。

M・N

工事部

私は、入社8年目で現場担当者をしています。 入社前は、四国の香川県で建設業の事務をしており、ハローワークの全国版で鈴木組の事務員募集を見つけ応募し、今に至ります。事務員で入社しているはずなのに現場担当者?であるのには理由があります。私は、事務担当でしたが、入社当初から現場担当として働くことを希望していたところ、昨年4月に辞令があり念願の現場担当になることが出来ました。

弊社は、ゼネコン(総合建設業)の下請負業者で、鳶・土工事業を専門としているサブコン(専門工事業者)です。ゼネコンでは通称番頭と呼ばれており、これがいわゆる現場担当者です。 番頭の仕事内容は、工事書類の作成、元請との打合せ、作業員の手配管理、見積り・請求・支払い、現場の安全パトロール、労災対応、元請の安全衛生協議会への出席等です。

鳶・土工事で現場に女性がいるのはごくまれで、弊社の作業員にも女性はいません。もちろん番頭も全員男性です。建設業は男性の多い職場でありますので、言葉使いがストレートでまたそれが大声だったりすると驚くこともしばしばあります。ただ、細心の注意を払わないと、命に関わるような危険な作業を日々こなし、立派な建築物を仕上げる為には、携わっている全ての人に厳しさがあって当然です。私は、現場経験がまだまだで、周りにかなり気を使って貰いながら仕事をし、甘えた状態でもありますが、一日も早く一人前の番頭になれるよう日々努力をしていきたいと考えています。

最後に、私は大学卒業してから25年間、色々な職場で働いてきましたが、『自分に合った職場』が見つけられたことを有難く幸せな事だと思っています。今後の私の課題は、男性女性こだわることなく、人としてお互いできないところをフォローしあえる職場環境を目指したいので、男性の多い職場だから無理だと思わず、女性も是非弊社に興味を持って頂けると幸いです。

contact

お問い合わせ

tel.03-3822-1785

受付時間:9時~17時(平日)

totop