sustainabilityサスティナビリティ

EffortsESGの取り組み

鈴木グループでは、ESGおよびSDGsの考えにも合致する企業理念、
「技術と技能」と「信用と信頼」及び「真摯」
を事業活動の中で展開しております。
 2021年 SUZUKI GROUP プロジェクトでは、経営ビジョンの
「技術・技能の取得、生産性向上の維持・継続」、「継続的な人材育成」、「新たな挑戦と取組み」
をESGの視点から再評価し、
取り組むべき「ESG 6つ課題」とアクションプランを策定しました。

MaterialityESG課題
(マテリアリティ)

ESG課題(マテリアリティ)

Action Planアクションプラン

マテリアリティ 貢献するSDGs アクションプラン
E

[環境への配慮]

・環境に配慮した社会の形成

  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)

《環境に配慮した社会の形成》

・元請配下での脱炭素の貢献

・元請配下での循環型社会の貢献

S

[品質の確保]

・良い建物を創り続ける

  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)

《品質の確保と技術力の強化》

・技術力による生産性の向上

・新たな技術提案への挑戦

[安全衛生の確保]

・安全と安心を伝えられる

  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)

《労働安全衛生の確保》

・労働安全衛生マネジメントシステムの遂行

[人材の育成]

・技術と技能を生かす

  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)

《人材の確保と育成》

・鈴木職業訓練校を基礎とした教育

・社内教育、社外研修の充実

G

[企業倫理の確立]

・真摯に行動する

  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)

《コンプライアンスの徹底》

・企業倫理プログラムの推進

・情報セキュリティ管理の徹底

[法令の遵守]

・社会に信用、信頼される

  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)
  • ESG課題(マテリアリティ)

《責任あるサプライチェーンマネジメントの推進》

・CSR調達ガイドラインの実行

・元請の育成、指導への参画

横にスクロールできます。 » »

鈴木グループは社会の課題に向き合い、建築を通じて持続可能な社会の実現に貢献します。

pagetop